古典と言われる物

政治や歴史、英語など、あなたは何を勉強してますか?

国会や都議会などの政治関係や、英会話に必要な単語の暗記、読書など、勉強することはたくさんありますが、あなたは何を勉強してますか?

読書

読了までの目安時間:約 2分

お茶

私の好きなことは、平凡かもしれないけれど読書です。それも今話題の本とかではなく、世界文学にしても、日本文学にしてもわりあいと価値の定まったものつまり、古典と言われる物です。その中でも女性の書いたものに惹かれます。

例えば、海外文学でいえば、エミリ・ブロンテの「嵐が丘」とかマーガレッドミッチェルの「風と共に去りぬ」などです。世界文学全集として図書館の片隅におかれ貸し出しも少ない本です。

しかし、やはり、時代が過ぎても読み続けられる本には、魅力があります。時代に関係なく、強く生き抜いていく姿、時を飛び越えます。そして、日本文学でいえば、「源氏物語」千年以上の時を超え、今も生き続ける書物の重さを感じます。

初めは、「与謝野源氏」からはいりましたが、やはり、原文の流れるような魅力には勝てません。恋愛あり、政治あり、もちろん四季の対象をみつめた自然描写あり、どの一文をとっても魅力ある紫式部の文章です。

この頃、映画やマンガによって多くの人がこの魅力ある文学の入り口に立ってくれたことは、喜ばしいことです。しかし、やはり、全部とはいいませんが、「きりつぼ」一章だけでも原文に触れて欲しいです。恋愛だけでなく時の政治を冷徹な目で見る紫式部にも会って欲しいです。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー